離婚慰謝料を支払う事になったら

離婚に関する話し合いは精神的に疲れる作業が続きますし、何より元の夫婦同士で話し合う最後の機会ということもあって話し合いは荒れることも珍しくありません。特に離婚慰謝料についての話は今後の生活にも大いに係わってくるので特に真剣に話を進めていかなければなりません。出来ることなら相場以上の離婚慰謝料を受け取る事が出来るようにしてもらいたいところですが、もし自分が離婚慰謝料を支払う羽目になってしまった場合は一体どうすれば良いのでしょうか。
女性の中には離婚慰謝料は夫が払うものだとお思いの方もいるかと思いますが、実際には離婚慰謝料は離婚の直接的原因を作った人が支払うものと定められているので、例えば自分の浮気が原因で離婚をする事になった場合は100%自分の非によって離婚したという事実が認められた時点で慰謝料の支払いはほぼ確実なものとなります。こうなるともはや支払いは避ける事が出来なくなるため、とにかく離婚慰謝料をどれだけ引き下げてくれるかどうかが重要になってきてしまいます。そのため弁護士などを雇い入れて支払期間までの期間を延長してもらうなど多少なりともこの後の生活を楽にするためにサポートしてもらうほかありません。