こちらに非のある場合の離婚慰謝料

離婚の際の話し合いは金銭的な問題も係わってくるので特に慎重に行っていかなければなりません。特に離婚慰謝料の問題は今後の生活にも大いに係わってくるので慰謝料を請求される側にならないようにする事がとにかく重要です。中には慰謝料は必ず請求する事が出来るものと思っている方も居るかもしれませんが、実際には慰謝料を請求する事が出来るのは相手から肉体的、精神的な苦痛を与えられ、離婚の直接的な原因となるような行為を受けた方にのみ限定されており、もし自分がそういった行為に及んでいたと判断された場合は慰謝料を請求するどころか慰謝料を請求される事になるでしょう。
離婚の原因が明らかにこちらに非があると判断され、利己に車両を請求された場合ははっきり言って慰謝料の支払いはほぼ確実に行う事になるでしょう。ですが、相手側の行為に対しても離婚の原因となる要素が含まれていた場合は話し合い次第では慰謝料額を引き下げたり過失相殺を行うことも出来ないことも無いそうです。とはいってもその可能性は低いので、明らかに自分が悪い場合は大人しく慰謝料を支払う他ありません。慰謝料の相場は正直なところはっきりと定まっているというわけでもないので、冷静に話し合ってお互いに納得できる額になるよう調整していきましょう。