離婚慰謝料をもらえない条件

今まで家族だった二人が分かれる事になる離婚は何かと準備が必要になってきますが、いずれも非常に重要な手続ばかりなので、少しの不備も無いように弁護士などのプロの力を借りつつ着実に済ませておくと後々のトラブルを回避する事が出来ますが、そうした話し合いの中でも特にもめる事が多いのが離婚慰謝料についてだそうです。離婚慰謝料は今後の生活にも比重に大きな要求になるので平均相場以上の額を得たいという方などはトラブルを引き起こす事が多いのですが、離婚慰謝料は必ずしも得る事が出来るものと言う訳ではなく、いくつかの貢献をクリアしなければ請求することは出来ません。一体慰謝料はどのようにして得る事が出来るのでしょうか。
離婚慰謝料は相手側に離婚の責任があるという事がはっきりと分かっている場合にのみ適用されます。つまりは相手側が浮気をしたり暴力を振るったりするなどの離婚の直接的な原因が相手側にあれば慰謝料を請求する事が出来るそうです。逆に言うと離婚の責任が自分にあった場合は自分が慰謝料を支払わなければならなくなるため少しでも自分に責任がある場合は相手側にも何かしらの責任があるのかどうかを確認してみて相手側にも責任があるかどうか判断が付けば慰謝料を減らしたり慰藉料請求を差し止めることも不可能ではないでしょう。