離婚慰謝料の時効

離婚についての話し合いの中でも離婚慰謝料に関する話し合いは非常に重要なポイントです。特に相手側から精神的、肉体的苦痛を受けた上での離婚は相手側に多額の離婚慰謝料を請求する事が出来るのは間違いないので出来る限り早く慰謝料請求の手続までに行う必要があります。というのも慰謝料の支払い機会には時効が存在しており、それ以降を過ぎてしまった場合は離婚慰謝料を請求する事が出来なくなってしまうので、そうならないためにも早めの行動が求められます。
離婚慰謝料の時効は離婚が成立してから3年間に設定されており、それ以降を過ぎた後は慰謝料を請求したくても出来なくなってしまいます。もちろんその間に請求する事が出来れば問題ありませんが、離婚した方の中には離婚に関しての話し合いもしたくないから一刻も早く相手から離れたいという方もおり、そういった方の多くはこうした慰謝料についての話し合いなどを行わずに離婚手続きを済ませてしまうことで慰謝料を受け取るチャンスを潰してしまっているのだそうです。しかし慰謝料は離婚後の生活の強い助けとなってくれるので、自分で話し合いを行うのは辛いという方は弁護士に相談して代わりに全ての手続きを代行してもらうと良いでしょう。