慰謝料の相場は決まっていない?

離婚のための手続を進めるにあたりまずしなければならないことといえば金銭面に関する話し合いです。結婚してから貯めてきた財産の分配や養育費の支払についてなどの色々なことを話し合う事になりますが、そうした金銭にまつわる話し合いの中で挙げられることといえば慰謝料に関する問題です。慰謝料は離婚した相手が離婚の直接的な原因となった時に請求する事が出来るのですが、その支払額に関する話し合いはもめる事が非常に多いそうです。と慰謝料を受け取る事が出来るのなら相場以上の慰謝料を受け取りたいものですが、実は慰謝料の相場というものは明確な額が定められていないのだといいます。
離婚慰謝料の相場というものは実のところ明確な額が定められているというわけではなく、過去の判例などを元にして離婚に至るまでの経緯から弁護士が設定する事が多いのだそうです。そのため離婚に至るまでの経緯がひどければひどいほど相手側に請求する事が出来る慰謝料の額は上昇してくるので、もし何かの出来事がきっかけで離婚に踏むこむ気になった時はその行為に関する証拠を出来る限り集めておくと離婚の理由に説得力が生まれて非常に高額な慰謝料を請求する事が出来るでしょう。